≫≫辛い関節を改善!グルコサミン実力ランキングを発表!≪≪

グルコサミンの安全性について

 

 

最近人気のグルコサミン。
重大な副作用を心配する必要がなく気軽に摂取することができるため、安全性が高い成分として知られています。
現在は関節痛や膝の痛みに効果的なサプリメントとして人気を集めていますね。

 

グルコサミンの実験から

 

<投与実験では>

 

グルコサミンの安全性については、日本だけではなく世界中の様々な機関で研究され、実証されています。
ベルギー・リエージュ大学では、あるチームが「グルコサミンを長期間摂取し続けると、関節炎を抑制することができる」という研究結果を導き出しました。
その際、行われたのは次のような「骨と軟骨の代謝に関する調査」です。
対象者は、膝に関節炎を抱える患者で、3年間1日に1500rのグルコサミンを経口投与しました。
これは、WHO(国連世界保健機構)が組織する団体と共同で二重盲検法とう方法で行われました。

 

<ラフンセットからは>

 

4000万から20000万人も言われると言われているアメリカの関節炎症患者。
世界的に有名な「ラフンセット」という科学雑誌にも、この研究結果は掲載されています。
そして、全米栄養評議会の会長であるジョン・コーデイ氏は、栄養補助食品の必要性や有用性、そして安全性は科学によって証明されている」という意見を述べています。

 

<他国でも>

 

グルコサミンの研究は、他の国でも行われています。
イタリアでは、インドメタシンなどの非ステロイド抗炎症剤と比べると、1000倍〜4000倍もの安全性があると、研究チームによって報告されました。
さらに、グルコサミンを毎日300r与え続ける小動物を使った実験では、全く毒性が認められなかったという結果も出ているようです。

 

 

 

これまで、サプリメントを利用した結果、何らかのトラブルが起きたという経験を持つ方は少なくありません。
また、時間と労力、そしてお金をかけたにも関わらず結果が得られなかったと感じている方もいるでしょう。
ですから、副作用や安全性について心配する声が良く聞かれます。

 

<従来の治療法とは?>

 

従来、関節炎の治療薬として非ステロィド系抗炎症剤を投与したり、ステ□イド剤やヒアルロン酸ナトリウムを関節内に投与する治療法が一般的でした。
また、サポーターなどの装具を利用したり、お炎熱治療を行うこともありました。

 

ですが、非ステロイド系抗炎症剤を長期間利用すると、吐き気や下痢などの様々な副作用を起こす可能性が高まります。
また、鎮痛効果や抗炎症作用に優れているステロイドは、免疫機能の低下や骨がもろくなるなどの副作用があり、デメリットの方が大きいという考えから、あまり好まれなくなってきています。

 

サポーターなどによる治療は、科学的な副作用は無いものの、根本的な治療にはならずあくまでも対処療法です。
温熱療法は、ある程度の効果が見込めるものの、長期間継続する必要があるため、続けるのが難しいという問題点がありました。

 

 

 

そんな中、注目を集めるようになったのがグルコサミンです。

 

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することで、副作用を心配することなく安全にかつ根本的な治療を行うことができます。
このような点から、グルコサミンによる関節炎の治療は、以前の治療法に比べて随分と画期的であると言うことができるでしょう。

人気グルコサミンランキング

グルコサミン えがお おすすめ

グルコサミン 大正製薬 人気

グルコサミン 久光製薬 口コミ

大正製薬

大正グルコサミン パワープラス

特別価格:1,000円

久光製薬

MSM+グルコサミン

特別価格:2,600円

アサヒ

グルコサミンEX

特別価格:4,410円



>>>グルコサミンランキングに戻る