グルコサミンとコンドロイチンの働きとは

 

 

グルコサミンやコンドロイチンという言葉は、CMや広告で良く目にするようになったのでご存知の方も多いはず。
でも、どのようなものか理解しているという人は少ないのではないでしょうか?

 

グルコサミンとコンドロイチンについて

 

多くの方が知っているように、グルコサミンとコンドロイチンは、関節痛を和らげる効果があると言われています。
また、スムーズに関節を動かすために必須の成分であるとも言えます。

 

これらは、軟骨を形成する主な成分で、最近ではサプリメントの原料としても広く利用されるようになりました。

 

同じ働きをするグルコサミンとコンドロイチン。
それなら、どちらか一方のみを摂取しようと思ってしまいそうですよね。
でも、実はもたらされる効果は同じでも、その働きかける方法に違いがあります。

 

 

<グルコサミン>

 

糖であるアミノ酸が結合することで構成されているのがグルコサミンです。
グルコサミンは、軟骨を再生させるサポートをしてくれます。
ですから、既に擦り減ってしまった軟骨を正常に戻す効果が期待されます。
変形性関節症の治療のために、病院でも利用されているのはこのためです。

グルコサミンとは?どんな働きをするの?

 

 

 

<コンドロイチン>

 

ムコ多糖類の一種であるコンドロイチン。
コンドロイチンは、グルコサミンのように軟骨の再生を助ける働きはありません。
ですが、軟骨が分解されることを防ぐことで、関節痛の悪化を防ぐ働きが期待されます。

コンドロイチンとは?どんな働きをするの?

 

 

 

また、働き以外の面でも抽出の方法に違いがあります。
サプリメントに利用されているグルコサミンの多くは、カニの甲羅やエビの殻に含まれる成分から抽出しています。
ですがほとんどのコンドロイチンは、サメの軟骨から抽出されています。

 

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂る理由

 

そして、とても大事なポイントが一つ。
それは、コンドロイチンはグルコサミンから合成されるという点です。

 

グルコサミンもコンドロイチンも軟骨と深い関わりがあり、関節痛の緩和に役立つという点では同じですが、このように様々な違いもあります。
ですから、どちらか一方を摂取するのではなく同時に摂る方が良いと言われるのです。
2つが揃うことで1つの効果を十分に得ることができると言っていいかもしれません。

グルコサミンとコンドロイチンで同時に摂取して効果アップ!

 

 

 

近年、グルコサミンサプリメントに人気が集まっています。
そして、その多くにコンドロイチンが同時に配合されるようになりました。
これはグルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂ることでそれぞれの違いを補い合うことができ、相乗効果をもたらすからです。

 

関節痛の改善を目指す方には、この2種類が配合されたサプリメントを選ぶことをお勧めします。

グルコサミンとコンドロイチンの違いと働きとは記事一覧

グルコサミンとコンドロイチンで効果をアップ!

グルコサミンとコンドロイチンで効果をアップ! 最近、有名になってきたコンドロイチン。聞いたことがあると言う人も多いのではないでしょうか。グルコサミンとコンドロイチンについて<コンドロイチンとは?>コンドロイチンは、グルコサミンと同様に軟骨を構成する成分で、コンドロイチン硫酸というのが正式な名称です。コンドロイチンは、軟骨だけではなく皮膚や脳など...

» 続きを読む

グルコサミンやコンドロイチンが含まれている食品とは

グルコサミンやコンドロイチンが含まれている食品とは グルコサミンは、私たちの体内でも生成されている成分です。ただ、最近は健康食品やサプリメントが販売されるようになり、不足分を補給しやすくなったといえるでしょう。ですが、食品から摂取できるのであれば、それが一番であることは言うまでもありません。では、グルコサミンやコンドロイチンはどのような食品に含まれて...

» 続きを読む