膝の痛みの箇所とその原因

 

 

「膝の痛み」と一口に言っても、色々あります。
膝のどこら辺が痛いのか、どんな風に痛むのか、何をするときに痛みを感じるのかなど、それぞれのケースに応じた原因と対処法があります。

 

では膝の痛みを訴えるケースの中で比較的多い、膝の外側の痛みと膝の内側の痛みの原因は何なのでしょうか?

 

場所と原因の違いについて

 

<膝の外側が痛む場合>

 

膝の外側の痛みを感じたら、一つの可能性として、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)を起こしていることが考えられます。
人間の膝の外側には、骨盤から股関節と膝関節を経て、脛骨の外側に伸びている腸脛靭帯というものがあります。
腸脛靭帯は大腿筋膜張筋という筋肉によって、その緊張を保っている状態にあります。

 

しかし、ランニングなどで過度の負荷がかかってしまうと、腸脛靭帯と大腿骨の外側の骨が擦れてしまいます。
その結果、炎症を起こし痛みが生じる、というのが腸脛靭帯炎を起こすメカニズムです。

 

マラソンやランニングなどを愛好する方がなりやすいことから、「ランナー膝」とも呼ばれます。
また、ランニングの他にも、O脚や、アスファルトなどの固い地面を走りすぎることでも起こりやすくなります。

膝の外側が痛む原因

 

 

 

<膝の内側が痛む場合>

 

膝の内側に痛みを感じたら、鵞足炎(がそくえん)を起こしていることが考えられます。
鵞足というのは、膝の内側にある縫工筋、薄筋、半腱様筋が腱となり膝の内側で脛骨の上部に付着している部分のことを言います。
そして、鵞足炎というのは、この鵞足の部分に炎症が起こってしまい、膝の内側に痛みを感じる症状のことを指します。

膝の内側が痛む原因

 

また、鵞足炎は、陸上競技やサッカー選手などに多く見られる症状です。
特に、走るときに足を後ろに蹴り出す瞬間、そしてランニング中の急な方向転換のとき、さらにはサッカーボールを蹴り出した脚を減速させるときなどに起こりやすいようです。
また、X脚や、アスファルトなどの固い地面での過度な運動などによっても、発症する率が高まるようです。

スポーツが原因になっていることも!?

 

 

 

できれば、こういった膝の痛みは経験したくはないですが、こうなってしまった場合はどうしたら早く回復するのでしょうか?

 

その答えは、グルコサミンやコンドロイチンです。

 

グルコサミンやコンドロイチンは細胞と細胞をつないでくれる働きをするので、炎症を起こしている筋肉組織を素早く回復させてくれます。
ですので、こういったタイプの痛みであったとしても、高い効果が期待できます。

膝の痛みの箇所とその原因記事一覧

その膝の痛み、原因はスポーツかも!

その膝の痛み、原因はスポーツかも! 誰もが一度は経験したことのある痛みといえば、膝の痛みではないでしょうか?「日頃の運動不足のせいで」とか、「もう若くはないから」といった声をよく耳にします。しかし実際には運動そのものが膝の痛みを引き起こすこともあるようです。どういうことなのでしょうか?スポーツのし過ぎ?<負荷をかけすぎ!>わたしたちが...

» 続きを読む

膝の外側の痛みの原因

膝の外側の痛みの原因 膝の痛みと一言でいっても、色々な種類があります。そして、それぞれの症状によって、それぞれに異なる原因と対処法があります。では、膝の外側が痛い場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか?どのように対処すればいいのでしょうか?原因と対処法をご紹介!<自転車をこぐと痛む>自転車はウオーキングよりも消費...

» 続きを読む

膝の内側の痛みの原因

膝の内側の痛みの原因 膝の痛みはとても辛いものです。膝の痛みが原因で、日常生活を送ることに困難を覚え、気持ちの面でも落ち込んでしまうという経験をされている方は少なくないようです。では、膝の痛み、特に膝の内側が痛む場合は、どんな原因が考えられるのでしょうか?半月板の場合<半月板とは?>半月板とは何でしょうか?半月板は膝にお...

» 続きを読む