理学療法や人工関節手術により苦しめられてきた関節痛は治るのか?

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

理学療法や人工関節手術により苦しめられてきた関節痛は治るのか?

関節痛の治療にはいくつかの方法がありますが、その中に理学療法という方法があり、それなりに効果はあるようです。

理学療法とは、病気やけが、高齢、障害などによって運動機能が低下した人、または、その恐れのある人に対して行われる治療法のことです。

関節痛における理学療法では、痛みを和らげるために、自分にあった治療法を取り入れていくことになります。

理学療法の治療方法は大きく分けると、運動療法と物理療法の二つに分けることができます。

運動療法は、治療体操やその他の運動など、自分の身体を動かして治療していくもので、運動というよりは立ち上がったり、歩いたりという基本的な動作がほとんど。

もちろん、病院だけでなく、家でもできるよう指導してもらえます。

物理療法は、光や熱、電気、機械などの物理的な作用を利用して治療を行うもので、治療には、患部を温める温熱療法と冷やす寒冷療法があります。

温熱療法では、超短波や低周波、レーザー、赤外線などを使って、患部を温めながらマッサージを行い、血行を促進させ、血液の循環をよくすることで膝の痛みを和らげます。

家庭で行う場合は、お風呂に入ったり、ホットパックや温めたタオル、温湿布などを使って温めますが、マッサージは、医師の指導のもとで行うことが大切です。

寒冷療法では、冷湿布や冷やしたタオルなどで患部を冷やし、炎症を抑えて痛みを緩和させます。慢性の関節痛の場合には、温熱療法を行うことがほとんどでしょう。

それ以外にも、関節が縮んだことで痛みが生じている人に対しては、それを矯正するために機械を使って牽引などを行います。どの治療法を行うかは、必ず医師と相談して決めるようにします。

一方、自分にはあわないと感じたり、調子が悪くなったときは、すぐに報告するようにしましょう。



人工関節手術ってどんなことをするの?

人工関節手術は、変形したり、痛んだ関節を手術によって除去し、プラスチックやセラミック、金属などでできた人工の関節(インプラント)に置き換えることで、痛みをなくすというものです。

痛みの原因になっていた部分を取り除くので、他の治療法よりも痛みを改善する効果が期待できるでしょう。

それに、他の関節にかかっていた負担も軽減することができます。

人工関節手術には、最小侵襲(しんしゅう)人工関節置換術、人工股関節全置換術、人工膝関節片側置換術、人工膝関節全置換術、人工肘関節置換術などがあります。

それぞれの患者の症状や容態によって、適応するかどうか、どのような人工関節に置き換えるかなどが異なりますから、できるだけ関節の破壊が進まないうちに手術を行った方がいいかもしれません。

ただし、人工関節手術には、細菌感染、人工関節のゆるみや破損、深部静脈炎といったリスクもあります。

また、手術にかかる費用も安くはありませんので、医師や家族とよく相談する必要があるでしょう。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法