風邪をひくと関節が痛い!これって関節痛なの?違います!

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

風邪をひくと関節が痛い!これって関節痛なの?違います!

風邪によって関節痛が起こることがあるのは、これまでに経験済みだという方も少なくないでしょう。

風邪と関節痛には、密接な関係がありますが、その理由として三つのことが考えられます。

・PGE2(プロスタグランジンE2)の分泌
・炎症の影響
・免疫力の低下

ウイルスに感染すると、撃退するための免疫細胞の生成と共に、PGE2(プロスタグランジンE2)が分泌されます。

このPGE2には、関節痛を起こす作用があるため、風邪を引くと関節が痛くなるのです。

また、ウイルス感染による炎症の影響で、全身の血管が拡張されると、関節痛が起こりやすくなるでしょう。

それに、風邪によって免疫力が低下するので、普段なら抑えられている体の弱いところの症状が出やすくなります。

この場合の関節痛は、風邪による免疫低下が原因になっているため、風邪が治って免疫力が回復しなければ関節痛も改善しません。

関節痛に対する対症療法を行うのではなく、安静にしたり、薬を飲んだりして、風邪を治すようにしましょう。


一般的な「関節痛」は骨が擦り合って起こる

骨と骨が相対している部分を関節といいます。

その相対する骨の先端をおおっているのが軟骨で、骨同志の摩擦を防いだり、骨にかかる衝撃を和らげています。

軟骨の表面は、非常に滑らかで滑りやすくなっており、骨と骨が擦れあう摩擦を少なくします。

この軟骨が、加齢や物理的な要因で、傷ついたり、もろくなって崩れてしまうと、関節がスムーズに動かなくなってきます。

その後は、骨と骨が直接擦れ合うようになる結果、関節の痛みや、変形性関節症が起こるのです。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法