関節痛を悪化させないための予防方法!座り方、ストレッチ、体質改善、靴

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

関節痛を悪化させないための予防方法!座り方、ストレッチ、体質改善、靴

関節痛と一言で言っても、股関節痛、肩関節痛、足関節痛など、その部位はいろいろです。

しかし、もっとも多いのは膝の痛みではないでしょうか。

その原因はさまざまで、加齢によるもの、ほかの病気が原因で発症するもの、スポーツや仕事などで特定の部位に負担がかかり発症するもの、O脚、肥満など。

特に多いのが加齢によるもので、中高年になると膝の痛みを感じる人が増加してきます。

痛みの出方は人それぞれですが、初期段階では、動かしたときに違和感を感じたり、少しこわばっているような感じを受ける程度のことが多いようです。

そのため、特別気に留めることもなく見過ごしてしまう人がほとんど。

実は、この時期にきちんとした予防をすることで、関節痛の進行を遅らせたり、場合によっては治してしまうこともできるのです。

予防といっても、大げさなことをするわけではありません。

関節痛の多くは、日常生活での動作や習慣が大きな関わりを持っています。

そのため、関節に悪い影響を与えることを避けるようにすることが大切で、次のようなことを心がけるといいでしょう。


・正座をひかえ、イスに座るようにする。
・膝の筋肉を鍛えるストレッチをする。
・長時間、立ち続けない。
・肥満を解消する。
・体を冷やさない。
・サポーターを着ける。
・重いものを持たない。
・クッション性の高いものなど、負担のかからない靴を履く。


膝の関節は、痛くなると外に出るのはもちろん、動くことさえおっくうになってしまうもの。

それでは普段の生活に支障をきたしてしまいますね。

関節がおかしいと感じたら、早めの予防と治療を行うようにしましょう。


関節痛を悪化させる行動を避けてグルコサミンを摂ろう

グルコサミンはもともと人のからだの中に存在している物質で、軟骨に不可欠な成分であるプロテオグリカンの生成に欠かせない存在です。

軟骨の中に水分を閉じ込めるグルコサミノグリカンというタンパク質の生成にもグルコサミンが必要です。

グルコサミンが不足してくると、軟骨細胞のプロテオグリカンの生成能も衰え軟骨の健全性を阻害することになるのです。

その結果、あなたが悩まされている関節痛が始まります。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法