グルコサミンとコンドロイチン摂取で関節痛が治る?その理由と仕組み

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

グルコサミンとコンドロイチン摂取で関節痛が治る?その理由と仕組み

関節痛には、グルコサミンが効果があるのでしょうか。

CMなどの影響で、グルコサミンのサプリメントを利用している方も少なくありません。

ただ、グルコサミンを摂取しても、関節痛が改善するという科学的な根拠はないという説もあります。

一方、グルコサミンを摂取することで、関節痛が改善したという医学的な論文もあるので、一概に効果があるともないともいえないでしょう。

もちろん、グルコサミンのサプリメントの品質にもよりますし、個人差もありますから、効果が実感できる方もいれば、全く効果がなかったという方もいます。

有名なグルコサミンサプリメントを利用した方の多くが、関節痛の改善効果を実感しているのも事実です。

漢方薬やアロマオイルのように、科学的な根拠は明確にわかっていなくても、効果があるものもあります。

関節痛に悩んでいる方がグルコサミンのサプリメントを飲んでみて、痛みが改善したと感じるのであれば、続けてみるのもいいでしょう。


グルコミサンとコンドロイチン、関節痛の関係性

関節軟骨の主要構成要素であるコラーゲンとプロテオグリカンは、生合成により作られます。

その為には適切にグルコミサンとコンドロイチンが補給される事が必要なのです。

グルコサミンは新しい軟骨の形成を促し、コンドロイチン硫酸は軟骨分解酵素の働きをコントロールする。

グルコサミンとコンドロイチン硫酸は協力しあって、軟骨の働きを正常化することに役立っています。

グルコサミン・コンドロイチンを補給することで、変形性関節症の痛みを軽減し、進行を阻止できることから、日頃からグルコサミンの補給が促されています。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法