電気治療は効くの?膝痛を治すなら病院?整体?整骨院?どこに行けばいい

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

電気治療は効くの?膝痛を治すなら病院?整体?整骨院?どこに行けばいい

膝痛に対して電気治療はどうなのでしょうか?

電気治療は、膝の痛みを軽減するのには効果があるといえます。

電気治療とは、身体にごくわずかの電気を流す治療方法です。

電気を流すことで、血行を良くしたり、筋肉をほぐしたりする作用があります。

普通のマッサージだけでは届かない筋肉までもほぐすことができるといわれており、これによって膝の痛みが和らぐようです。

整骨院などに置いてある電気治療器と同じような機能を持っている電気治療器も市販されていますから、購入すれば自宅でも治療することができるでしょう。

ただ、電気治療を何度も行っていると、その刺激に慣れてしまい、効果が薄れてしまう場合もあります。

ですので、痛みを和らげるための一時的な改善という点では有効であっても、電気治療だけで膝の痛みが完全に消えるとは考えない方が良さそうです。

膝痛の根本的な改善というよりは、あくまで補助的な治療方法であると考えるべきでしょう。

電気治療だけを行うのではなく、他の治療方法と併用するといいかもしれませんね。


膝痛を予防するには?

膝痛は、どのようにすれば予防できるかをご紹介します。

・膝周りを鍛える
・正しい歩き方を身に付ける
・バランスのよい食事を摂る

これらで、膝痛を予防することができます。

足の筋肉の低下で、膝に負担がかかり、膝痛が起きてしまいます。

ですので、お尻の大臀筋や膝の内側にある内転筋、太ももの大腿四頭筋を鍛えると、膝痛の予防ができます。

一日数分でも構いませんので、日ごろから下半身、膝周りを鍛えるようにしましょう。

それに、歩き方が悪いと、膝がぶれてしまい、膝痛になることがあります。

正しい歩き方を身に付けることで、膝がぶれず、また、内転筋や大臀筋を鍛えることができるので、膝痛の予防につながります。

また、体重増加でも膝痛になることがありますから、一定の体重をキープするためにも、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。

カルシウム、ビタミンD、ビタミンCなどの栄養素は、骨や軟骨を丈夫にしてくれます。

グルコサミンやコンドロイチンなどは、軟骨成分ですので、これらの栄養素を積極的に摂取することで、膝痛を予防できます。


病院?整体?整骨院?どこに行けばいい?

膝痛になったら、病院、整体、整骨院、一体どこに行けばいいのでしょうか。

膝痛になったら、病院、整体、整骨院、どこに行っても大丈夫です。

どこに行っても、ちゃんと診察してもらえます。

しかし、まず最初は、整体か整骨院に行くのがオススメです。

整体でも整骨院でも、膝の痛みを取る治療をしてもらえます。

膝の痛みを取る治療をしてくれるだけでなく、整体や整骨院では、なぜ膝痛になったのかを追究し、その原因をも解消してくれるでしょう。

ただ、膝痛には色々な原因があり、必ずしも整体や整骨院で完治することができるとは限りません。

整体や整骨院に通っても、全然膝痛の改善がみられない場合には、病院に行って診てもらうといいと思います。

例えば、膝の関節の軟骨が磨り減って、骨と骨が擦れてしまっている場合、人工軟骨を入れるという治療法もあります。

膝痛は進行してしまうと、歩くことができなくなってしまいます。

膝に違和感を感じたら、病院、整体、整骨院、どこでも構いませんので、すぐに受診しましょう。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法