膝痛で有名な大学病院はどこ?処方薬や副作用について

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

膝痛で有名な大学病院はどこ?処方薬や副作用について

ひざ痛の治療では、以下の5つの病院が有名です。

・順天堂大学医学部附属順天堂医院
・日本医科大学付属病院
・東京慈恵会医科大学附属病院
・慶應義塾大学病院
・埼玉医科大学病院


同じ病気を患っても、医師や病院によって受けられる治療内容が変わってきます。

やはり、能力の高い先生や、様々な治療を受けることができる病院を選びたいですよね。

大手病院では、膝関節学会の理事を務めておられる先生がいらっしゃったり、ひざの外科を専門とされている先生が多く在籍しています。

また、膝痛に関する本を書かれている名医も大学病院にはいます。

大手ならではの強みとしては、名医の他にもリハビリテーション施設や器具の充実が挙げられるでしょう。

患者数も多いため、年間、様々な症状を大学病院の先生は診ています。

あなたが苦しめられている膝痛と同じ事例を解決していたり、最新医療を用いた治療にも期待できます。


ひざ痛にはどんな薬が処方されるの?

ひざ痛には、湿布薬や塗り薬、痛み止めの内服薬や座薬などが処方されます。

湿布薬は、温めたり冷やしたりすることで痛みを和らげるものだと思われがちです。

しかし、実は、皮膚を通して薬を患部に届けるために使われます。

塗り薬は、軟膏やクリーム、液剤などが処方されますが、塗り薬の中に含まれている成分は、湿布薬とあまり変わりありません。

痛み止めの内服薬は、痛みや炎症に高い効果を現します。

しかし、副作用の心配があります。

胃が荒れやすくなることもあるので、同時に胃薬を処方されるケースもよくあるでしょう。

座薬は、非常に強い痛みにも効果を発揮してくれます。

これらの薬の力を借りつつ、日常生活でひざ痛を改善するように努めることも大切です。

ひざに負担の掛かる正座を避けるようにしたり、ひざ周りの筋肉を鍛えるのもいいでしょう。

また、血行が悪くならないように、体を冷やさないよう心がけたり、長い時間立ち続けないようにすることも、ひざ痛の改善に繋がります。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法