人工膝関節手術とは?料金高い?痛みや後遺症、失敗はしないの?

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

人工膝関節手術とは?料金高い?痛みや後遺症、失敗はしないの?

慢性的に膝関節に痛みを感じている方も多くいらっしゃると思いますが、膝関節の痛みの治療には、消炎鎮痛剤などを使って薬物治療を行ったり、リハビリ治療を行ったり、様々な治療方法が用いられます。

しかし、色々な治療方法を行ってみても、なかなか痛みが改善されることがなかったり、痛みが酷くて日常生活に支障をきたすような場合には、「人工膝関節手術」が行われるケースもあります。

膝の関節疾患を治療するに当たって、最後の手段とも言われている人工膝関節手術。

どのような手術を行うか、簡単に説明しますと、膝の関節で痛みを発生させている部分を切除し、その部分に人工関節を埋め込む手術です。

この手術を行うために、膝の表面の皮膚を12~15cm程度切る必要があるのですが、これだけ聞いていても、想像しただけで痛いですよね。

ただ、手術は全身麻酔を使って行われるので、痛みを感じることはないと言われています。

膝の皮膚の切開から始まり、人工関節を埋め込み、縫合するというのが手術の過程です。

膝関節の外科専門のお医者さんが行い、約1時間15分~1時間半の手術になると思います。

手術後もレントゲンを撮影したりするなど、色々な過程があるので、病室のベッドに戻れるまでには2~3時間程度かかってしまいます。

手術費用はもちろん病院によって異なると思うのですが、約60万円程度です。

手術だけで60万円程度ですので、そこから入院費用やリハビリを行ったりなど、手術後に必要な処置のことも含めて考えれば、200~220万円程度かかってしまいそうです。


人工膝関節手術の後遺症は?失敗はしないの?

人工関節手術という言葉は、なかなか耳にすることはないと思いますが、膝に慢性的な痛みを抱えている方の痛みを改善させる手段として行われる手術のことです。

あまり頻繁に行われているわけではない手術ですから、受けるとなると手術の成功率や後遺症のことなどが気になりますよね。

考えられる後遺症としては、手術を行ったのにも関わらず、膝の痛みが改善されなかったり、膝の曲げ伸ばしがきちんと出来なかったりすることもあります。

また、上手く膝に力が入らず、ガクガクしてしまうなどという症状も考えられるでしょう。他にも、皮膚を切開して行う手術なので、感染症を起こしてしまったり、合併症を発症してしまうこともあるようです。

一般的にはさほど難しくない手術だと言われていますが、何事も100%と言う事はありません。

病院によって症例数も違って来るでしょうし、手術を受ける前には十分な話し合いを担当医の方と持たれた方がいいのではないかと思います。

大きい病院だから、有名な病院だからと言って、手術のレベルが高いとは言い切れませんので。

やはり、手術となると、不安に思われる方が多いでしょう。ただ、実際には、この手術を行った事による後遺症がある方はほとんどいらっしゃらないみたいです。

でも、手術をすればすぐに症状が改善されると思っていらっしゃる方が多くて、なかなか改善されない症状に焦り、後遺症だと感じたり、手術が失敗したと思ってしまうそうです。

そんな不安を手術後に感じないためにも、ご自身で医師とよく話をしてください。この先生であれば、安心して任せることが出来ると思った先生に、手術を行ってもらえば、きっと手術後の不安も感じなくて済むでしょう。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法