膝痛改善にはダイエットが効果的は嘘?本当?一緒に靴選びにもこだわろう!

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

膝痛改善にはダイエットが効果的は嘘?本当?一緒に靴選びにもこだわろう!

ひざ痛の改善にはダイエットが効果的というのは、本当のことです。

実は、体重が1キロ増えると、膝に掛かる負担は、普通に歩くだけでも3キロ以上増えると言われています。

太っていると、それだけで日常生活の中でも、ひざへの負担はとても大きくなるわけです。

つまり、ダイエットをして脂肪を減らし、体重を減らせば、その分、ひざに掛かる負担が軽減されて、その結果、ひざの痛みを和らげることができるでしょう。

人間は年齢を重ねるにつれて、どうしても関節のクッションの役割をしている軟骨が擦り減ってしまいます。

そのため、年を取ると、どうしてもひざ痛が起こりやすくなってしまうのです。

太っていて体重が重たいと、毎日ひざに負担を掛けているため、標準体重以下の人よりも軟骨が擦り減ってしまいがちで、若くてもひざ痛を引き起こしやすいでしょう。

日頃から運動する習慣をつけ、ひざ周りの筋肉を強化して痛みを改善しつつ、ダイエットも同時に行うようにしてください。


靴選びも重要?

膝痛の改善のためには、靴選びも重要になります。

普段、靴を選ぶ際には、デザインやヒールの高さ、歩きやすさなどで選んでいる人が多いのではないでしょうか。

しかし、合わない靴を履き続けていると、足だけでなく膝や股関節など、様々な場所に悪影響を及ぼします。

特に、足の踵の骨は、人間が立ったり歩いたりするのに必要な土台にあたります。

合わない靴を履くことで、土台である踵の骨が右や左に傾くと、脚もそれに合わせて傾いてしまうでしょう。

それがやがて、膝の関節にも負担をかけるようになって、膝痛になるのです。

もし、合わない靴だと気付かずに運動などを行えば、膝痛が軽減するどころか、ますます痛みがひどくなったり、症状がさらに悪化したりする可能性もあります。

ですので、靴選びを甘く考えてはいけません。

細心の注意を払って、慎重に選ぶ必要があるのです。

靴を選ぶ際のポイントとしては、まず、足の横幅と靴の横幅がちょうどピッタリ合っていることが大切です。

それから、高さ3cm以下で安定している広めのヒールであること、足の踵全体をしっかり包み込んでくれることが最低条件になるでしょう。

自分で選ぶのが難しければ、シューフィッターのいる専門店で相談するというのも一つの方法です。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法