グルコサミンて何?関節痛や膝痛対策に効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策にグルコサミンが効果的と言われている理由

関節痛や膝痛対策には、グルコサミンが効果的だと言われています。有名な成分のため見聞きしたことはあるでしょうが、どのような作用により関節痛や膝痛を改善してくれるのでしょうか?それともグルコサミンを摂取しても全く効き目はないのでしょうか?

グルコサミンて何?関節痛や膝痛対策に効果的と言われている理由

グルコサミンは、元々は私たち身体の中でも作り出されるアミノ酸なのです。

プロテオグリカン(ムコ多糖類)と呼ばれる蛋白質で軟骨、爪、靱帯、心臓弁などに存在しています。

グルコサミンは、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。

しかし加齢とともに失われていきます。


骨と骨をつなぐ緩衝材「軟骨」は65~80%の水分とコラーゲン、プロテオグリカンの三つが主成分で、このうち一つでも欠けると軟骨の健康は損なわれます。

コラーゲンは軟骨の他に、皮膚や腱、骨などからだの重要な組織の材料でもあります。

プロテオグリカンは、たんぱく質と糖分からできた巨大な分子で、水分を吸収する性質があり、関節の動きに合わせ伸び縮みできるはたらきをします。

関節の痛みの原因の一つに、加齢や激しい運動などによる軟骨の消耗があります。


関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。

予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミン・コンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。

しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


グルコサミンQ&A

関節痛について

関節痛の治療方法

膝痛について

膝痛の治療方法