≫≫辛い関節を改善!グルコサミン実力ランキングを発表!≪≪

グルコサミンとは?どんな働きをするの?

 

 

アミノ酸の一種であるグルコサミン。
最近、CMなどで見かける機会が多くなりました。
サプリメントも人気なので、誰もが知っている成分なのではないでしょうか?

 

グルコサミンについて

 

<グルコサミンの働き>

 

グルコサミンは、肘や膝などの関節を曲げ伸ばしする動きに大きく関わっています。
そして、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分と同様に体内で作られる一方で、加齢とともに生産量が減少していくことも知られています。
ですから、年齢を重ねるごとに関節をスムーズに動かすことができなくなったり、痛みを感じるようになったりするのです。

 

「グルグルグルグル、グルコサミン♪」でおなじみのCMでは、膝をスムーズに動かしていますが、この動きができるのはグルコサミンがあってこそというわけです。
さらに、グルコサミンは運動不足や肥満が原因で生成される量が減る傾向にあると言われています。
若くても新陳代謝が衰えてしまえば関節障害を起こしてしまう可能性がありますので、油断は禁物です。

 

関節の衰えによる膝の痛み

 

人間には、どのくらいの量の関節があると思いますか?
実は、手足だけで約140ケ所、体全体になると約250ケ所もあります。
これら全てが骨と骨をつないでおり、体を動かす可動性と、体を支える支持性の機能を担っています。
加齢にともない軟骨が摩耗したり変形したりすると、関節の痛みや腫れを招く変形性関節症を発症してしまうのです。

 

<関節痛>

 

関節痛は、大きく二つに分けることができます。
一つは急性関節痛で、外傷や感染によって引き起こされるものです。
そしてもう一つが慢性関節痛で、原因として加齢や肥満、そして筋力の低下が挙げられます。

 

<変形性関節症>

 

これらが原因である場合、すり減ってしまった軟骨を正常に修復することができずに、関節を変形させてしまうため様々な症状が出てしまいます。
変形性関節症の中でも最も多い症状は膝の痛みです。
厚生労働省の調査によると、約1000万人に変形性関節症であるという自覚があり、潜在的な患者推定数は約30000万人にものぼると言われています。

 

<注意が必要な年齢・性別>

 

患者の男女比を見てみると、男性が50%、女性が75%と比較的女性が多く、
年齢では50代後半から徐々に増え始め、70代で一気に増加し、80代ではほぼ100%の人が関節の痛みを感じています。
ただ、若い人では40代から症状が出ますし、肥満の人は痩せている人に比べて発症しやすいと言われていますので、十分に注意する必要があります。

 

 

 

実は、もともと日本人で関節痛になる人はあまりいませんでした。
ところが、食生活の欧米化や栄養過多、さらには家電製品や交通機関の発達による運動不足が原因で、近年になって患者数が急激に増加しています。

 

治療方法としては、今までは内服薬や座薬などの薬物療法に加え、温熱療法、レーザー療法、運動療法が一般的でした。

 

それが近年になり、副作用が少ない点が評価されて、グルコサミンを使った治療方法が注目されるようになったのです。

グルコサミンの効果・効能を紹介!

 

痛みを感じるようになったら、早いうちから対策を行うことをおすすめします。

人気グルコサミンランキング

グルコサミン えがお おすすめ

グルコサミン 大正製薬 人気

グルコサミン 久光製薬 口コミ

大正製薬

大正グルコサミン パワープラス

特別価格:1,000円

久光製薬

MSM+グルコサミン

特別価格:2,600円

アサヒ

グルコサミンEX

特別価格:4,410円



>>>グルコサミンランキングに戻る