≫≫辛い関節を改善!グルコサミン実力ランキングを発表!≪≪

グルコサミンを種類別に学ぶ

 

 

今やほとんどの人が知っているグルコサミンですが、いくつかの種類に分かれていることは意外と知られていません。
実は、グルコサミンは製法によって4種類の大別することができます。

 

グルコサミン4種類をご紹介!

 

<グルコサミン硫酸塩>

 

まず一つ目は、グルコサミン硫酸塩。
これは、カニやエビなどの甲殻類に含まれる成分を原料に、硫酸で加水分解することでできるものです。

 

 

 

<グルコサミン塩酸塩>

 

つぎは、グルコサミン塩酸塩。
グルコサミン硫酸塩と同様に原料はカニやエビなどの甲殻類ですが、塩酸で加水分解する点が異なります。
また、グルコサミン硫酸塩より分子量が小さいことが特徴として挙げられます。

 

 

 

<発酵グルコサミン>

 

そして、発酵グルコサミンです。
原料は植物で、微生物の力を利用して発行した微生物キチンから作られています。

 

 

 

<Nアセチルグルコサミン>

 

最後が、Nアセチルグルコサミン。
これは、自然界や人間の体内存在するものです。
分子量が非常に小さいことが特徴で、ヒアルロン酸やコンドロイチンの原料にもなります。
さらに、グルコサミン塩酸塩の3倍もの吸収率があると言われています。

 

摂取しやすいグルコサミン

 

<実験でも証明されている>

 

グルコサミンへの注目度が高まる日本ですが、中でも吸収率が高いグルコサミン塩酸塩に人気が集まっていますね。
また、1980年代には、ヨーロッパで変形性関節症の改善を目的にグルコサミン塩酸塩の利用が始まっています。
さらにポルトガルにおいては、1982年に1200人を対象にした臨床実験が行われています。
グルコサミン塩酸塩を関節痛に悩む人に1日3回、50日間投与すると、約95%の人が症状の改善を実感しました。

 

日本では、グルコサミン硫酸塩は医薬品に分類されるため、それだけ臨床データも豊富にあります。
一方のグルコサミン塩酸塩は、食品に分類されるため、健康食品やサプリメントに利用しても、価格を抑えることができます。

 

まだまだ日本の医療現場で、グルコサミンやそれと同時にコンドロイチンを処方する病院は少ないようです。
ですが、アメリカやヨーロッパでは、グルコサミンとコンドロイチンを処方することが、少しずつ増えてきたと言われています。

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取する理由

 

もし、カニやエビなどにアレルギーを持っているのであれば、発酵グルコサミンNアセチルグルコサミンを利用してみてください。
特に吸収率が高いNアセチルグルコサミンは、摂取量が少なくて済むという点で、高齢者の方にもってこいだと言えるでしょう。

人気グルコサミンランキング

グルコサミン えがお おすすめ

グルコサミン 大正製薬 人気

グルコサミン 久光製薬 口コミ

大正製薬

大正グルコサミン パワープラス

特別価格:1,000円

久光製薬

MSM+グルコサミン

特別価格:2,600円

アサヒ

グルコサミンEX

特別価格:4,410円



>>>グルコサミンランキングに戻る